医師紹介

院長・医学博士大野勝之

経歴
  • 1981年3月
    昭和大学医学部卒
  • 5月
    第71回医師国家試験合格
  • 6月
    昭和大学藤が丘病院外科入局
  • 1984年6月
    1986年6月
    カナダ・アルバータ大学のリサーチフェローとして留学
  • 1989年11月
    医学博士取得
  • 1991年6月
    昭和大学藤が丘病院退局
  • 1992年2月
    平成4年2月現在地で大野クリニックを開業し現在に至る。

横浜市都筑区医師会に参加し、副会長など歴任、現在は副議長を務める。
標榜科目は内科、消化器内科で都筑区地域住民の健康管理が主になります。高血圧や糖尿病など生活習慣病の管理や治療、インフルエンザなどの感染症や胸痛、腹痛発作への対処などを行い、関連病院との連携を密に診療を行なっています。
特に胃カメラ検査や大腸カメラ検査、腹部超音波検査、胃透視検査は日常的に行なっており、癌診断には特に気を配っております。
横浜市の特定健康診断事業や胃がんや肺がん、大腸がん、前立腺がんなどの癌検診も積極的に行っており、検診業務は日常診療のもう一つの柱となっている。
最近ではコロナPCR唾液検査も院内で開始致しました。
コロナ検査を受けられず、不安な日常を送っておられる患者さんの利便性の向上を考えて、努めてまいります。

CLOSE