予防医学のOMCによる癌検診と成人病検診

◇予防医学のOMCによる癌検診と成人病検診   治療より予防
 ■ 高齢者(60歳~)死亡3大原因:癌・心臓・脳血管

世界的な長寿国である日本ですが、年齢別でみると高齢者の約半数が癌で死亡していて第1番目の死亡原因になっている。それにつづき心疾患・脳疾患が第2・第3の死亡原因となっている。3大原因の合計は約65%-70%となる。

つまり、健康な老後を安心して楽しむためには、面倒がらずに、癌検診や成人病検診で、癌・高血圧・動脈硬化・高脂血症・糖尿病などについて定期的に検査しておく事が重要になる。

横浜市では、40歳以上で会社の保険でカバーされていない市民に対して、毎年、充実した補助制度があるのでぜひ利用したいものである。

成人病(生活習慣病) まずは、この検診が基本です。

成人の健康維持のために、重要である脳・心臓・血管・肝臓・腎臓・膀胱関連の健康診断を成人病検診の一環としておこなっている。血液検査・尿検査・血圧測定・心電図・眼底検査・超音波診断などで、かなりのリスク要因を早期発見し治療できます。

高血圧・高脂血症・血糖値・糖尿・尿酸値・尿潜血・クレアチニン・γ-GTPなど、ほとんどの重要項目が軽微な自己負担で手軽に検査できます。

心電図・眼底検査は基準に従い医師が必要と判断した場合行います。 動脈硬化超音波診断はオプションです。

 

癌について  死亡原因 NO.1!  約半数が癌で死亡!

男では60~74才年齢グループの癌死亡率が最も高く、45%ぐらいである。女性のピークは45~64才で55%ぐらい。さらに高齢になると、癌は減り肺炎などの割合がふえてくる。 (2009年厚生労働省の統計)

癌の種類別では、肺がん、胃がん、大腸がんの3種類が男女ともが死亡原因のトップ3です。肺と大腸の癌死亡率が男女とも長年にわたって上昇傾向にある。それに比べて、胃がん死亡率は横ばいか減っている傾向である。

そこで、OMCとしては予防医学の観点から、早期発見のためこれら3つの癌について重点的な検査を推進しています。

結論 標準的な成人病検診(生活習慣病検診)をまず行い、さらにがん検診を考えてください。

成人病検診一式: 年1回
肺がん:年一回の胸部X線撮影(正面・横の各1枚)
胃がん:年一回のバリウム検査と胃カメラ検査
大腸がん:年一回の便検査(二日分)と3年に1回の大腸カメラ

これらの検査は、がん早期発見を100%保証できるものではないですが、毎年行っていれば、かなりの高確率のスクリーニングになることは実務経験上からも明らかなので、皆様におすすめしています。

●ベテランの医師が主治医として自ら検診に当たります。
●検査・治療・経過観察を主治医がする大きなメリットあり。
●毎年の検診で、経年変化の面からの診断ができます。

INFORMATION

医療法人社団 大野クリニック
内科、消化器内科
〒224-0007
神奈川県横浜市都筑区
荏田南5丁目1-18
プラザ志村 1F
TEL:045-942-7771
FAX:045-942-7775
最寄駅:
東急田園都市線 江田
地下鉄 都筑ふれあいの丘

駐車場: ビルの裏に7台あり

【 インフルエンザ予防接種 】
電話でワクチンの在庫をご確認
の上ご来院ください。
費用 3500円
* 接種日現在65歳以上の横浜市民のみが 2300円。 免許証など年齢・住所が証明できる物が必要。
参照:横浜市健康福祉局ネット情報
* 予約不要ですがワクチン在庫 切れの場合はご容赦ください。

OMCメディカル情報
☆死亡原因 No.1
  *半数は癌で死亡
  *癌早期発見について
 *成人病検診(心臓・脳疾患)
☆インフルエンザ
  *優秀な都筑区住民
  *2012年発生状況
*注意事項
☆あなたの血管年齢は?
  *脳卒中発生確率は?
PAGETOP
Copyright © 大野クリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.